読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎流イメージ画像の探し方

f:id:smallstart:20170407195609p:plain

今日はウチのサイトを手直しするにあたっての画像探しをしてました。

フリー素材も使いますが、ここぞというときは有料のものも使います。当然お金はかかりますが、なんかその辺はケチっちゃいけないところかなという気持ちがありまして・・・。

以前はPixtaをよく使ってましたが、最近は「AdobeStock」を使うことが増えました。メニューバーから検索できるラクさを知ると、やっぱりね。

f:id:smallstart:20170407200908p:plain

ちなみに動画や音素材は「MotionElements」がたまにキャンペーンで出す無料素材とかをダウンロードしたり・・・あ、一度買ったこともありました。講師でしゃべるときのスライドの背景を動かしたらどうだろう?とソレっぽい背景動画を買ってましたね。

で、今回は無料でも有料でもいいんですが、自分がどのように画像選びをしているか?なんて話をしようかなと。

今日探していた画像は、「いっそのこと、ホームページだけでなく、チラシや動画、SNSカバー写真とかも、まとめていい感じにしてほしい!」というキャッチと共に使う画像というところまでは決まってました。あといわゆる「ターゲット」は、【(予算もあまりないし)自分で動画とかチラシとかを作ろうかと考えるも、作り方調べたり実際に作ったり・・・まで進まず、忙しくて手が回らない1人社長 or 個人事業主】です。

一番最初に考えたのは、アイコン素材でチラシ・動画・Facebook / Twitterのロゴを並べて・・・でしたが、なんか見る人の「引っかかり」が無いなと感じた上に、あまりに普通すぎるよなぁ・・・ということでボツ。

では、もうちょっと深掘りして「どのようなお客様に見てもらい、共感してもらいたいか?」から攻めようかと、ターゲット像(ペルソナなんて言い方もありますよね)の状況を分かりやすく表現している写真を検索してみました。

まずは【忙しい ビジネス】、当然ターゲット像に近い方がいいのでキーワードに【日本人】を追加。

すると「忙しい写真」には大まかに2パターンあって、「忙しいながらもバリバリ働いている感じ」と「残業や大量の書類で疲弊している感じ」があって・・・さらに検索キーワードを【残業】に変えたのが、上の写真の検索結果です。

そこで一瞬、やっぱり「まとめていい感じ」にした後の喜んでいるであろう感じの写真の方がいいかなぁ?と疑問が生まれ、【達成感 ビジネス】で検索したところ、派遣や研修業界のサイトで使われてそうな写真が多かったので、今回は疲弊している残業写真から購入するのを選ぶことに。

さらに、[出来たら背景が簡単に抜けそう]で[右端においてしっくりくるもの]、同ページの別画像がおばちゃんの画像なので、バランス合わせということで[30代くらいのスーツを着た(どちらかというと3枚目路線な)男性]を探しているところで、子ども達のお迎えに行くので一旦タイムアウト

 

・・・とまぁ、結構画像1枚選ぶにも頭を使うものでして。いずれにせよできる限りターゲットに近い画像を選び、その悩みや、解決後の状態などを端的に表しているものを選ぶといいかなぁと、コレは経験上。

この辺の「画像選び」は実際前職時代のFacebookページで、セミナー告知のオマケとして貼り付けるアイキャッチ画像作りを年がら年中やっている中で、結構鍛えられた実感があります。

f:id:smallstart:20170407204544p:plain

ちなみにこの手の「アイキャッチ画像」、PowerpointKeynoteなど「そういや自分のPCにインストールされていたアプリ」からでも作れるんですよ。

・・・なんて話を4/14(金)のミニワークショップではしようかなと思ってます。

 

ー【お知らせ】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Jimdoを使ったホームページ制作業を埼玉でやってます、スモールスタートの山崎です。4/14に「ちょっとしたグラフィックパーツ作り」のワークショップやります♪( ´▽`) 

f:id:smallstart:20170317231448p:plain